2016年9月26日月曜日

神楽会練習日

9月25日(曇り)
恒例行事の成海神社・例大祭が間近に迫ってきました。
午後6時半より、山車(おくるま)曳行に華を添えてくれるお囃子方の練習がありました。

そのお囃子を担っているのが「城之下神楽会」の皆さんです。
近年は七名ほどの構成で、祭礼や町内会祭祀の行事などにお神楽奉納を
お願いしていました。
実はそのメンバーが成長し、社会人になったり大学生になったりと、それぞれの事情で
町内を離れていく実情があります。
一年一度の御祭礼には、遠路遥々駆けつけてくれる今や社会人のリーダーOさんも
いますが・・現状は、写真の通り四名のみに。
そんな折、たいへん嬉しいことですが
 メンバー減少の危機的状況を救ってくれそうな「希望の星」が町内に現れました。
そして父兄とお揃いにて、今宵の練習の見学に来てくれたのです。
 最初に、迫力ある神楽演奏に耳を傾けた後、お兄さんの手元を見ながらですが
順番に「締太鼓」を打つ練習をしました。
 今のメンバーも、小学校1~2年生から練習を始めて腕をあげてきました。
きょうの子供たちも又、2年生とのこと。
 父兄の皆さんが見守る中、先輩の笛に合わせて太鼓や鐘を打ち鳴らす。
皆、初めてとは思えない「凛としたその姿」にびっくり・・微笑ましい光景に感嘆の声あり。
両親の皆さんも優しい眼差し・・ニコニコしながら見守っていました。 
それはそれは見応えのある初練習を・・心の底から楽しませていただいた。 
 可愛い飛び入りもあり。
大きくなったら、神楽会初の紅一点メンバーになって欲しいな~っと、願うばかり。
きょうの練習は、
尻つぼみの危機にあった城之下神楽会に、たいへん明るいニュースとなりました。
今年の祭礼は10月9日(日)。
この子供たちが、来年のデビューを果たすのを町内会の皆さんと
心待ちにしたいと思います。

2016年9月7日水曜日

ご祭礼近づく

9月4日(日)晴れ。

成海神社・秋の例大祭が来月に迫り、その準備の臨時総会が開催されました。
午前10時より、お手伝いを頂く班長さんや役員一同出席にての打ち合わせ会議です。
お祭りを安全無事に催行する手順や、当日に向けて準備すべき必需品などを協議。
それぞれの配役案や、手順書などの資料を手に熱心に打ち合わせ。
山車(おくるま)曳行や、祭り全体の運営をより速やかに進める目的にて、今年初めての
試みとして各役職ごとに「主任」を置く案が会長より提案された。
臨時総会終了後、引き続き役員会開催。
祭礼関連事項の詳細や、通年の懸案事項などの協議を行った。

2016年7月31日日曜日

恒例、虫干しと公園清掃

7月31日(日)晴れ。

毎年の恒例行事である土用虫干しと城跡公園の清掃を行った。

午前7時半集合、公園と虫干しの二手に分かれての作業。
この日の気温は33℃とのこと、朝から青空が広がり虫干しには願ってもない天候。
しかし、暑い暑い。 
提灯120個を虫食いから守るための大切な仕事である。
秋の祭礼のとき、提灯に入れた防虫剤各2個づつは既に溶けて空っぽだった。 
 一方、城跡公園の清掃は各班から2名づつの出席をお願いし・・
皆さん、それぞれの持ち場の作業を・・ 
 手際よくこなして頂いた。
 実はこの公園、
あのポケモンGOの名所とかで、ペットボトルなどの廃棄も目立っていたようです。
公園の木立をよ~く見ると、真っ赤に染まった桜の葉が数枚。
 夏、真っ盛りのこのとき、既に秋の気配を知らせているのかと・・。
 虫干しは提灯のほか、おくるまを飾る貴重な大幕やカラクリ人形も同時に行う・・
 古来伝わる重厚な木箱から、ゆっくり慎重に取り出して室内に広げる。
 おくるまの清掃も・・
 おくるまを、下から天井に向かって撮った画像。
祭礼の際、清め塩を撒く。あちこちに残っているその時の塩を奇麗に取り除いた。
カラクリ人形の箱書き、玉屋庄兵衛の銘がある。
文政6年の文字あり。
西暦では1823年、凡そ200年前になる。その歴史の重さを噛みしめる。
10時半に全ての作業を終了。
その後、正午近くまで定例役員会を開催し諸問題を協議した。

2016年7月11日月曜日

津島社中祭り

平成28年7月3日(日)晴れ。

笹竹、縄、御幣。お神酒、神饌の用意など、
町内会役員有志にて、午前8時半より準備を始めました。
 夕刻、役員及び班長さん有志に集まって頂き、成海神社宮司さんのご来駕を待ちました。
 本来なら津島社祀前で行うのですが、時節柄もあり室内にての行事としました。
神酒と神饌。
お神楽の準備も完了。 
 暫しの談笑・・。
 そして、宮司さんのご挨拶。
厳かな祝詞(のりと)に頭(こうべ)を下げて・・。 
(1)
(2)
先月に引き続き、神楽会によるお神楽奉納が行われました。 

防災訓練

平成28年6月12日(日)

近年、TVなどで南海トラフ巨大地震の危惧が盛んに報道され、
その対策が啓蒙されているところです。

そんな折り、緑消防署の要請により城之下町及び近隣の町内会による
合同防災訓練が実施されました。
雨天決行との実施要項でしたが、幸い好天に恵まれて参加の皆さん一致協力頑張りました。

町内会から参加の皆さん、所定の時刻に公会堂前に集結。
手順に従って、先ずヘルメット装着・・
防災旗を持ったリーダーの指示により・・
隊列を作り、地域の避難場所(訓練場所)へ向かう・・
訓練につき、やや余裕あり、か・・・!?
町内会長&訓練リーダーの2ショット。
以後、消防署からの訓示に耳を傾ける・・①
城之下町内会と学区内周辺の町内会さんも参加しての合同訓練。
会場には、消防局から「地震体験車」が派遣されてきました。
ここからは消火器の操作訓練をしました。
子供たちもしっかり体験学習・・
消火対象の的に向かって・・
起震車で強烈地震の実体験・・
順番に・・
震度6~7の激震には超オドロキ・・!
社共センターにて、主催者からの総括訓示を聞き訓練終了。
災害はいつやってくるか分かりません。「備えあれば憂いなし」と、諺(ことわざ)通りの
訓練でしたが、願わくば来て欲しくないですね。